医療脱毛で感じる痛みについて

美容外科クリニックなどの医療機関で行う医療脱毛は、脱毛サロンで行う脱毛と比較すると照射する光線のパワーが強いために、その強さの分、痛みが感じやすくなってしまいます。

逆に言えば、痛みが感じやすい方がムダ毛が脱毛される効果が大きいとも言い換えることができます。そのため、脱毛サロンで施される脱毛を受けたことがある人でも、医療レーザーを使った医療脱毛で感じる痛みには驚く人も少なくありません。このように、医療脱毛は痛みを伴うのですが、痛みを感じるのが本当に弱い人でも、美容外科クリニックなど医療機関で行う医療脱毛ならば、麻酔を使うことができるため安心して施術を受けることができます。

麻酔のかけ方は、皮膚に軟膏を塗ったり、麻酔の含んだガスを吸引したりといった、デンタルクリニックなどでも採用している安全性の高い方法で行っています。痛みを感じる施術が苦手な女性にとってありがたい麻酔設備を用意できるところも美容外科クリニックなどの医療機関で行う医療脱毛のポイントとなります。

そして、近頃は脱毛マシンの機能も向上していて、ムダ毛を吸引しながら医療レーザー光線を照射したり、冷却ガスをお肌に噴き付けながら医療レーザー光線を照射したりすることによって、脱毛をするときに発生する痛みを減らすための機能が充実してきています。そのために、以前行っていた医療レーザーを使った脱毛と比較すると痛みはかなり抑えられるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です