医療脱毛に伴うリスク

医療脱毛の宣伝文句として安心して施術を受けることが出来るというキャッチコピーや、安全な施術であるというキャッチコピーが並べられていることがありますが、これは医療脱毛の施術は全くリスクが無いということではなく、トラブルがないように万全を期しますが、その上で万が一何かトラブルが起きたとしても対処できるお医者さんが常駐しているため迅速に対応ができ、安全で安心して医療脱毛の施術を受けることができるという意味です。

脱毛は、脱毛サロンで行われる脱毛でも、美容外科クリニックで行う医療脱毛でも、色々なリスクがあるのですが、最も起こりやすいトラブルが、お肌に火傷を負うことです。このトラブルはレーザー光線が黒いメラニン色素に反応して発生する熱を利用しているためで、普段から火傷をしてしまうような高いパワーではお肌に照射しないように注意をしていますが、お肌が日焼けによって色が黒くなっていたりすると、お肌の表面でレーザー光線が反応してしまい、火傷を負ってしまうことがあります。

美容外科クリニックではお医者さんが火傷の跡が残らないように迅速に最善の処置を施してくれます。火傷の次に発生しやすいトラブルがニキビが発生することです。このトラブルはお肌にレーザー光線を照射することによって、お肌を保護する機能が少しの間、失われるために起こります。

顔の辺りや、二の腕、うなじなどに発生しやすいです。ニキビ自体はおよそ二週間から三週間で治りますが、跡にならないようにクリニックのお医者さんが迅速に対処します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です