医療脱毛と永久脱毛について

せっかく医療脱毛を受けるなら、ムダ毛がどれぐらい生えてこなくなるのかについては非常に気になるところです。

永久脱毛とは、最後の脱毛の施術を受けてから一ヶ月経過した後の時点で、ムダ毛が再び生えている確率が20パーセント以下となっている脱毛方法であると定義されています。まったくムダ毛が生えてこなくなることが永久脱毛だと勘違いをしてしまう方が多いのですが、実際にはムダ毛全部を生えないようにしなくても永久脱毛ということができることになります。

今の日本で受けることができる永久脱毛の中でも、最も脱毛効果が高い施術はニードル脱毛ということになりますが、ニードル脱毛は針を毛穴に刺し込んで電気を通すことによってムダ毛を生み出す毛母細胞の組織を焼き焦がすという、強烈な痛みがある脱毛方法で、施術時間もかかり、お肌にかかる負担も非常に高い脱毛方法となっています。そのため永久脱毛の中で今主流となっている脱毛方法は医療レーザーを使った医療脱毛になります。

医療レーザーを使った医療脱毛は、ムダ毛を生み出す毛母細胞を高い確率で破壊させることが可能で、ムダ毛全部を完全に生えないようにすることまでは出来ないにしても脱毛の効果が半永久的に持続する方法となっています。確かな技術がある美容外科クリニックなどの医療機関で、高性能の脱毛マシンを使用した医療脱毛の施術を施せば、半永久的に永久脱毛の効果を得ることが可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です