医療脱毛ってどんなものか

医療脱毛とは、医師の免許を持つ病院やクリニックなどで行なえる施術のことを言います。

医療用レーザーと絶縁針脱毛(ニードル脱毛)の2種類があり、永久脱毛と呼べる脱毛です。医療用レーザーは、従来ホクロやアザ、しみやソバカスの治療に用いていた治療レーザーの黒や青、赤の特定の色に作用する特性を活かし、毛のメラニンの黒い色に反応させ、照射することにより熱を吸収させ毛を伝導体にして、毛球の毛乳頭をヤケド状態にし、細胞を破壊し毛の再生を抑える医療脱毛です。

短期間に少ない回数の照射で、きれいな仕上がりと長期的な持続性のある脱毛を実現できますが、特定の色に反応することから、色素沈着の濃い場所や、日焼けした肌には使用できません。絶縁針脱毛は、絶縁針を毛穴に刺し電流を流すことにより、同様に毛乳頭の細胞を破壊し毛を抜いていく医療脱毛です。この方法が最も効果が高いと言われていますが、1本づつ行なうため時間もかかり、電流を流す際にかなりの痛みが伴うため、麻酔を使用する場合もあります。

毛をある程度の長さに伸ばすことが必要ですが、日焼けした肌にも施術が行なえます。時間制の料金となっていることから、全身脱毛の場合には、ベンツが1台購入できるほどの莫大な費用がかかることから現在では、部分的に利用することが多い脱毛方法です。いずれも医療機関で行なう医療脱毛とはいえ、健康保険の適用はされないため、提示された金額を支払う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です