医療脱毛とサロン脱毛の違い

最近よく耳にする医療脱毛という言葉ですが、この言葉の意味についてご存知でしょうか。

これは端的にいって、医療機関で受けられる脱毛という意味です。脱毛といえば、脱毛サロンで受けることを想像する方も多くいらっしゃると思いますが、脱毛は皮膚科や美容外科など医療機関でも受けることができます。では、医療機関で受ける脱毛と脱毛サロンで受ける脱毛はどのように違うのでしょうか。それは実に、多くの面で違いがあります。例えば、施術回数という点で両者には大きな違いがあります。

どのように違うかというと、脱毛サロンでは頻繁に施術が行われるのに対し、医療脱毛ならわずかな回数ですむということです。なぜ医療脱毛のほうが少なくてすむのかというと、医療脱毛は一回あたりの処理範囲がとても広いからです。パワーの強いレーザー機器を使用できることがその原因ですが、高い出力のレーザーを皮膚に照射すれば、それだけ早く広く効率よく脱毛を行うことができます。

ゆえに、医療機関の脱毛は脱毛サロンよりも施術回数が少なくてすむのです。また、施術における痛みにおいても両者には違いがあります。どのように違うかというと、医療脱毛では施術中に痛みを感じることがありますが、脱毛サロンの施術では痛みを感じることはまずありません。理由は明らかですが、共に使用する脱毛機器のパワーが違うからです。医療機関で使用するレーザーは出力が高いので、それだけ肌への負担が大きくて、痛みも生じやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です