沖縄医療脱毛をしている時の根こそぎの自己処理

沖縄医療脱毛に通うようになると、次第にムダ毛の量が少なくなっていきます。

体毛が少なくなるということは、それだけ自分で行う体毛の処理も、かなり楽になってくるということです。自分で処理が楽になると、今度は処理ももっと楽にしたいと考えるでしょう。沖縄医療脱毛をしていくと毛が少なくなるので、自分での処理を毛抜きでするという発想も、もしかしたら出てくる可能性があります。毛穴ごと処理できてしまうのが、毛抜きでの処理ですが、この方法は沖縄医療脱毛をしている時には、控えるべき処理方法になります。

体毛が少なくなたったために、数本のムダ毛は毛抜きで処理すると早いと考えるでしょう。痛みに関しては、毛の生えている流れに従って抜けば、それだけ痛みも和らぐことも、自己処理をしてきた人にはわかります。しかし毛抜き処理は、この期間には最もふさわしくはない、ムダ毛の処理方法です。脱毛以前に毛抜きで毛を抜く行為は、途中で毛が切れることが考えられるので、埋没毛にもなりやすいです。

毛が途中で切れてしまうことで、そのまま皮膚が上に覆うために、毛の成長が外ではできなくなります。塞がった皮膚の下で、毛が伸びてしまうのが、埋没毛の症状になります。毛抜きは皮膚を傷つける行為でもありますし、傷が付いた皮膚は紫外線に当たって、色素沈着でシミになります。こうした流れもありますし、そもそも医療脱毛期間は、毛抜きは使わないことです。毛は剃るという行為のみ、沖縄医療脱毛中は可能です。

沖縄で脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です