水漏れトラブルの原因と修理方法

軽度であっても水漏れを放置していると、水道料金が高額になるだけなく、家屋が濡れることで湿気がこもりカビやシロアリなどのトラブルが起こる可能性もあります。

水漏れが起こる原因には水道管部品の劣化、接合部分の緩みや故障、排水管のつまり、水道管自体の破損などが挙げられます。蛇口や配管などの水道管部品の耐久年数は、10年を目安に考えられています。水漏れが発生したときに、10年以上使用している蛇口や配管であれば寿命の場合が多いので新しい部品に交換する必要があります。接合部分の故障の場合は、部品の交換をすれば修理が可能です。交換は、自分でホームセンタなどで部品を購入して修理できますが、一部専門知識が必要な場合もあるので、水道会社に依頼した方が安心です。

接合部分の緩みが原因で起こる場合は、ボルトを締めるだけなので自分で簡単に行えます。地震が起こった後などは揺れによる影響で接合部の緩みが生じることがあるので、緩みがないか確認しておくと良いでしょう。排水管のつまりの場合は、水が逆流することで水漏れを引き起こしてしまいます。この場合は、パイプを外してつまりを取ることで簡単に修理ができます。水道管自体の破損の場合は、菅の内部がサビで傷んでいる可能性があります。

特に平成10年以前に設置された水道管は、鉄が使用されていることが多く経年によりサビが発生する確率が高くなります。サビが発生すると、接合部分が変形を起こしトラブルの原因になります。水道管が破損した場合は、大掛かりな修理が必要で費用も高額になる場合があるので、水道水が赤くなったり、鉄の味がするようなら早めに対処することで、トラブルを最小限できたり修理費用を最低限におさえることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *