屋外の蛇口からの水漏れトラブルは早めの修理が重要

一戸建て住宅の多くに、屋外に水栓柱が設置されています。

構造はシンプルで、地中にある水道管から分岐させ、地面の上に垂直に水道管を設営した上で先端に単水栓の蛇口を付けている方法です。古い住宅では敷地内の地面に蓋付きで蓋を開けると蛇口があるという住宅も今でも少なくはありません。どのような屋外水栓でも、経年劣化は起きてしまい、屋外に設備されているという条件だけでも劣化は早く進みます。水栓柱のトラブルで最も多い内容は水漏れです。主に2つのパターンに分けることができ、蛇口から水漏れを起こしている場合と水道管に穴が開いたことで起きるトラブルです。

どちらの状態でも修理は早急に行うことが必要になり、放置してしまうとその周囲は常に水に浸っている状態になるので、家屋にとっても悪影響を及ぼす可能性が出てしまいます。水漏れトラブルの修理を担当する専門会社の場合は、屋外水栓も対応していることが多いので、ホームページを閲覧して作業内容に含まれているかどうかを確認した上で専門会社を選定することが基本です。

単水栓の蛇口が原因の場合は、パッキン交換で直せますが、メッキも傷んでいてハンドルも固くなっている蛇口の場合は新品に交換しても大きな費用は掛からない範囲で直せます。水道管に穴が開いている場合は、穴塞ぎの専用道具は実在していますが、今後長く使用する住宅では水道管も新しく交換した方が安心できるのではないでしょうか。この水道管を修理交換するには地面を掘る作業が必要になるので、多少の時間は掛かってしまいますが、3時間程度で直せる範囲が殆どになることから決して難しい作業ではありません。住宅の基礎や地盤を守る上でも早期に修理依頼することは大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *