キッチンの水漏れトラブルを自分で修理する方法

キッチンの蛇口をひねったらハンドルやレバーから水漏れしていた、という経験をお持ちの方は少なくないでしょう。

もちろん水が漏れる場所は様々ですし、漏れてくる水の量や勢いも様々に異なるものです。それで、そんなトラブルに遭遇したら、業者に依頼する前に自分で修理できないか確かめてみるのはよいことです。場合によっては、自分で簡単に修理でき、しかも費用をぐっと抑えることができるからです。まず蛇口の種類によって修理方法が変わってくるため、自分のキッチンに付いているのがどのタイプの蛇口かを確かめることができます。

ハンドルが一つしかないシングルレバー混合水栓で、レバーの下から水漏れトラブルを起こしている場合は、バルブカートリッジが消耗していることが考えられるため、この部品を交換すれば改善されることがあります。では蛇口本体からではなく、止水栓の部分から水漏れが生じている場合はどうでしょうか。そのようなトラブルが起きる原因の一つは、パッキンの経年劣化です。

この場合はパッキンを新しいものと交換することによって修理できるでしょう。冷水と温水の二つのハンドルがあるハンドル混合水栓でハンドルの下から水漏れトラブルがある場合、ナットの緩みもしくはパッキンの経年劣化が考えられます。それでまずはナットを締め直してみて、それでも直らないようならパッキンを交換することができるでしょう。しかし、自分では修理出来そうにないと感じるなら、専門業者に依頼して水漏れトラブルに対処できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *