静岡の水漏れ修理業者に依頼する前に行うこととは?

静岡県には県庁所在地の静岡市と浜松市などの2つの大きな市がありますが、県内で最大の人口を持つのは浜松市で、2020年5月1日時点の静岡市の推計人口は689、155人、浜松市は790、228人で約10万人多いことがわかります。

いずれも有数の観光スポットを持つ市でもあり、一般の住宅だけでなくホテルや旅館などでは水漏れなどのトラブルが起きたときに修理を行う業者差の数も多くあります。宿泊施設などの場合は、大浴場や客室内のお風呂や洗面所など水回りが多くありこれらの設備から水漏れが生じてしまえばお客さんに迷惑をかけてしまうなど、修理業者を決めていたり定期的に業者に点検を依頼しているところも少なくありません。

一般的な住宅の場合も、万が一に備えて修理業者を選んでおくと安心ですが水漏れが生じたときにすぐに業者に連絡をするのではなく、自分でも直せるものであるのか否かを判断することも大切です。

例えば、パッキンが古くなって隙間から水が漏れ来るなどの症状の場合は、パッキンそのものを交換すればぽたぽた落ちる症状を修復できますし、シャワーのヘッド部分から落ちて来る水は表面張力によりものであればそのままにしておいても問題はないのです。ちなみに、シャワーヘッドの水が出て来る部分を上側に向けたとき、最初は水が落ちても暫くすると止まることがあるのですが、これは水漏れ修理をせずに継続して使える状態です。もちろん、使うたびに漏れてくるので気になる場合はシャワーヘッドを交換すれば直ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *