静岡で屋外にある蛇口の水漏れに気づいたら

静岡では屋外にも水栓柱や散水栓といった、様々な水道設備を完備した家庭があるはずです。

このような水道設備は直射日光や風雨あるいは汚泥や枯れた草木など、数多くの外部環境にさらされています。屋内の水道設備と比べて、常に過酷な環境にあるため、設備の劣化や故障も起きやすいことで知られます。その中でも特に注目すべきなのが、蛇口の水漏れによるトラブルです。ハンドルを閉めてもポタポタと水が滴り落ちる、水栓柱との接続部からチョロチョロと水が漏れ出す、散水栓を使用していない時でも、周囲の地面がいつも濡れている等、静岡でもこのような水漏れの事例が報告されています。

屋外にある蛇口から水漏れする原因には色々ありますが、最も多いのがケレップやパッキンといった消耗部品の劣化です。寒暖差のある環境で繰り返し使用していると、変形や摩耗あるいは亀裂が部品に入り、そこから水漏れが始まります。この他の原因としては、サビや水垢等で蛇口のハンドルや吐水パイプそのものに腐食が進み、穴や亀裂から水が漏れ出すケースです。

消耗部品の劣化が原因であれば、修理は交換が基本になります。ハンドルの根本に症状が出たら三角パッキン、吐水パイプの先から漏れ出すなら、駒パッキンを交換します。またハンドルや吐水パイプさらに蛇口本体に異常があるケースでは、水栓柱や散水栓を丸ごと交換する必要が生じます。この点、屋外の水道設備の修理では、大がかりな工事になることも珍しくありません。素人の方なら無理せずに、静岡で水道工事に実績のある専門会社へ相談すべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *