水道詰まりの予防方法と、修理が必要な場合

排水されるスピードがなんだか遅くなってきた気がする、などで気が付く水道詰まりですが、どうしてそんなことが起きるのかご存知でしょうか。端的に言うと細かなゴミが詰まってしまい、流れを妨げていることがほとんどです。例えばキッチンであれば、細かな野菜くずなどが配管に蓄積して、最終的には流れをせき止めてしまうなどして起こります。ネットで予防していてもそれをすり抜けてしまうような大きさのものは流れ込みますし、一回一回は微量でも長年かけて堆積した結果、水道詰まりとなってしまうのです。

大抵はネットで大きな食材屑が流れ込まないようにして、普段から流しの掃除を小まめに行うことで対策できます。もしも通常の使い方で水道詰まりが起こった場合は、市販のパイプの流れを良くしたり詰まりを溶かすような薬品を使用することで対処できることが多く、修理を必要とするまでは至りません。またはラバーカップの使用も効果的です。冷えると固まるようなものを流さないことも重要です。

よく挙げられるのは豚肉や鶏肉の煮汁です。豚肉の煮汁に浮かぶ油は温かい状態では上澄みとして浮いているだけですが、冷えると白く固まります。また鶏肉の煮汁もコラーゲンが多い為冷えるとゼラチン状になってしまいます。配管は基本的に冷えていますので、こういった類の煮汁の処理は注意する必要があります。

ご自身でできる対処で水が流れればそれでよしとなりますが、もしも頻回に詰まりが発生する時は根本的な修理が必要かもしれないので、水回りトラブル専門会社への相談の検討をお勧めします。食材以外の異物を流してしまったために起きた水道詰まりも、要修理案件となりますので、同様です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *