iPhoneXアプリをUNITYで開発

iPhoneXは3D表示機能が5から格段に向上しました。画面のサイズを除けばコンシューマー機とも変わらない3D表示ができると言われています。

そこでゲーム会社の多くがiPhoneXのゲームアプリへ参入してきています。
iPhoneXでのアプリ開発はこれまでアップル純正のXcodeが多く使われてきていますが利用している言語がObjective-CやSwiftであることから同じスマートフォンで人気のAndroidへの移植がとても大変と言われています。

そこで最初から2つのプラットフォームにゲームを提供するための統合環境を利用する企業が増えています。

統合環境で人気のあるのがUnrealEngineとUNITYです。

UnrealengineはC++で開発できることから特にゲーム会社にとっては馴染みのある環境と言えるようです。
また、UNITYはC#を使いますのでこちらもWindows開発者を中心に人気があります。
そこでどちらも開発環境は無料で使えるプランが用意されているので会社だけではなく、個人の開発者も続々と利用を進めています。

iPhoneXのゲーム開発ではコントローラが画面のタッチだけなので当初はあまり流行らないのではないかと言われていましたが、画面タッチのGUIがどんどん良い物が開発されていることもあり、本格的な3DアクションゲームやRPG、レースゲームなど多岐にわたるゲームアプリがどんどん登場しています多くの人がiPhoneXを使っています。

なぜそんなに人気があるかというと、やっぱり魅力あるアプリが多いというのが理由の一つだと思います。
便利なアプリとして「地図アプリ」が挙げられます。
例えば、車でドライブに行くときは多くの人がカーナビを使って目的地まで行きます。

しかし、自転車や徒歩で見知らぬ場所に行くときや、旅行で観光地に行ってそこのおいしいレストランやラーメン屋さんに行きたいときにどうやって行けばよいか分からないことがあります。そのときにiPhoneXの「地図アプリ」が役に立ちます。今まずどこにいるのか、目的地までどこを歩けばよいのか、時間はどれぐらいかかるのかすぐに分かります。
「音楽アプリ」も魅力です。


「地図アプリ」で目的地まで行くあいだ、バックミュージックとして音楽を聴きながら移動できます。

あらかじめ、自分のお気に入りの曲のプレイリストを作成しておくならば、自分の気分にあった曲を聴くことができます。また、意外に便利なのが「お天気アプリ」です。


毎日その日の天気を確認しておくならば、朝は晴れていたので傘を持たずに会社に行き、帰りはどしゃ降りにあい傘がないのでずぶ濡れになるという経験をしないですみます。

また、iPhoneXには数多くの「ゲームアプリ」もあります。ちょっと時間が空いたとき、人と待ち合わせしているとき、夜寝る前などの時間つぶしにもってこいです。


iPhoneXにはもっと便利な、また魅力的なアプリがたくさんあります。

ぜひ自分にあったアプリを見つけましょう。

iPhoneXは世界中で大変な販売数を獲得していることもあり、世界中のアプリ開発者から注目されています。

iphoneX(テン)にはさまざまなアプリが新たにリリースされるでしょう。

iPhoneXでのアプリ開発は主にアップル社が提供している開発キットであるXcodeが利用されます。



XcodeはObjective-CやSwiftと呼ばれる新しい言語を使って開発ができます。また、画面デザイン等も作成しやすい開発環境なので利用者にも好評です。
しかし、iPhoneX以外にAndroidの販売数が増えていることもあり、開発者サイドからはiPhoneXとAndroidの両対応できる開発キットが求めていました。

そこで昼盲されているのがUNITYやUnrealEngineなどの統合環境です。


これらの統合環境はアップルが提供しているObjective-Cを利用せずC++やC#などの言語を使って開発を行っています。

また、PhonegapやCordovaなどもJavascriptやHTML5でアプリが開発できるので注目されています。
アプリ開発者はiPhoneXだけのアプリとして開発することからどんなスマフォでも使えるアプリ開発を主眼においている傾向が強いです。
そのため、大手だけではなく、個人開発者でもアプリの公開を両対応でいきなり出すということも増えています。
スマートフォンの利用者からはアプリを選ぶ際に機種を気にせず選べるとして大変好評です。

ただし、本体の機能を完全に使いたい場合などではXcodeの利用もまだまだ多いですiPhoneXのすべてのアプリは必ずアップルの審査を受けることになり、合格しないとアップストアに並びません。

iPhoneXではアップストアに無いアプリは基本的にインストールできません。
そのため、自分のアプリであっても他人のiPhoneXにはインストールできず、また、課金についてもアップルの厳しい審査を通過しないと行えません。

このようにiPhoneXのアプリはすべて厳しいチェックと品質が求められます。


この方式は開発者にとっては負担が大きいと思われがちですが、利用者にとっては安心して買える、品質も確かであることから自然とiPhoneXを求める顧客が増え、アプリの売上も上がると考えられており、現在では多くの開発者が賛同しています。


また、アップル用のアプリでは課金が行えますが、アップルが用意している課金システムは開発者も利用者にとってもメリットが大きいサービスであり、Androidに比べて課金率が高いことでもユーザーから支持されています。


課金についてはクレジットカードのほかにituensカードなどコンビニで販売しているプリペイドカードでも利用できます。



クレジットカードを利用したくない、持っていないユーザーにも便利に使えるようになっています。アップルのこのような仕組みは独占的という批判もありますが、利用者と開発者をしっかりしたルールで結びつけることができるので自由は少ないですが、よりよいアプリを使うために良い方法と受け取られています。