iPhoneXアプリを公開するまで

iPhoneXではアプリをインストールすることで、いろいろな機能を組み込むことが出来ます。

Apple Storeを覗けば沢山のアプリが登録されていますので、一般的な用途であれば既存のアプリをダウンロードしてくれば事足りてしまいます。
でも、痒いところに手が届かなかったり、やりたいことが出来るアプリが無ければ自分で作るしかありません。

自分でアプリを作って、世界中に公開するにはどうすれば良いのでしょうか。

そのためには、まずiPhoneXアプリの開発環境を整備します。

この環境は基本的にMac上に構築することになりますが、必要とする機能が限定されていればWindowsでも開発環境を作ることが出来ます。

次に、Apple IDを取得して、Apple Developer登録を行います。

Apple Developer登録をするとiPhoneX SDKを入手できますので開発環境に組み込みましょう。
これで開発に必要な物は揃いましたのでアプリのコーディングを進めていきます。
コーディングの際にはオープンソースで公開されているコード集なども有りますので、参考にすると良いかもしれません。
実機でもデモをする場合には、iOS Developer Programに登録します。

このProgramは有償ですが実機でのデモやデバッグをしたい場合には必須になってきます。



デバッグが終わればいよいよ公開です。
公開するためにはそのアプリ固有のApp IDを割り当て、配布証明書を登録して完了です。

Apple社での審査が終われば世界に向けてアプリが公開されます。
iPhoneXはアップル社の製品ですが、アプリについてはAPPSTOREと呼ばれる専用のアプリ販売サイトでの購入となります。


Androidのように勝手にアプリを入れられないので注意が必要です。
iPhoneXのアプリはゲームから実用品、ジョークアプリまでさまざまありますが、どのアプリについてもアップルの審査が行われています。



審査では主に動作がきちんと行われるか、ウイルスが入っていないか、ユーザーに通知せずに各種情報を外部に転送していないかがチェックされます。
特にウイルスと情報漏洩には厳しいチェックがあります。


審査が行われることでアプリの品質を維持できています。

また、不誠実なアプリもないのでAPPSTOREの品位が上がっていると考えられます。

iPhoneXではアプリの開発についても実機でのテストやAPPSTOREに出品するためには年会費で1万円程度支払う必要があります。



Androidでは一度数千円払えばずっと開発できるのでこの点についてもアップルとAndroidでかなりの差となっています。アプリについて自由を求める方はiPhoneXのクローズドな姿勢は許せないと考える方も多いようですが、ほとんどの方はアプリについて不正があることを恐れており、自由ではないけれど品質がしっかりしているこの手法を支持しているようです。

また、iPhoneXのアプリでは課金システムがありますが、独自に課金することができず、必ずアップルを通すことになるので不正な課金も無いと評判が良いです。